「ES house-01」 見学会 日本建築家協会(JIA)近畿支部のブログ

「ES house-01」 見学会のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

「ES house-01」 見学会

住宅部会通信より

・日時:5月17日16時~17時
・場所:奈良県磯城郡
・参加人数:15人

上記日時場所にて2008年度住宅部会5月例会として「ES house-01」 (ATRIE-ASH/矢田朝士設計)の見学会を実施しました。
・日本建築家協会優秀建築選2006入選 ・第19回JIA新人賞(2007年) ・第1回JIA 近畿支部「建築家新人賞」(2005) ・第53回大阪建築コンクール(2007) を受賞された作品です。

近鉄樫原線の駅より15分くらい歩くと田園風景の中に、コンクリートの壁が見えてきました。
コンクリートのシェルターの中に生活に必要な個室が内包され、その間のスペースに風の通り抜ける不思議な半屋外空間が存在します。まるで、昔ながらの町家の生活を凝縮したような空間でした。寒い時期には自然と真ん中にあるストーブに集まってくるそうです。アプローチから個室に至るまで、どうしたらこのような面白い発想が出来るのか考えさせられるES house-01でした。
見学会の後、懇親会が開かれ、講師の矢田氏と合同見学会の建築士会のメンバーも加わって頂き総勢10名で22時頃まで楽しく懇談しました。
(坂井信夫)



写真は新人賞受賞時の写真より( 写真撮影:絹巻 豊氏)

yata1.jpg



yata2.jpg

スポンサーサイト

2008年06月10日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。