「改正建築士法による重要事項説明のポイント」発刊 日本建築家協会(JIA)近畿支部のブログ

「改正建築士法による重要事項説明のポイント」発刊のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

「改正建築士法による重要事項説明のポイント」発刊

■改正建築士法による重要事項説明のポイント(第2版発行)
告示第15号の公布、「四会連合協定建築設計・監理等業務委託契約書類」の発行などにより改訂を行い、追加Q&Aを加えて第2版を平成21年10月に発行しました。
・新旧対照表
http://www.njr.or.jp/m10/04_book/shinkyuu.pdf
【定価】1,300円(税込)/会員価格1,170円(税込)
    送料別(*JIA近畿支部でも取り扱い中)
【体裁】A4、85頁
http://www.njr.or.jp/m10/04_book/index.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・重要事項説明書四会推奨標準様式のダウンロードは
http://www.njr.or.jp/m13jyuyojiko/index.html


改正建築士法は平成20年11月28日より施行されます。
<改正士法全般の記事はコチラ

<条文はコチラ

この改正建築士法では建築士事務所の開設者に対して、設計または工事監理契約の締結前に、管理建築士又は当該建築士事務所に所属する建築士に、あらかじめ建築主に対し契約内容の重要事項について書面を交付して説明させることが義務づけられました。
改正建築士法の施行にあたり設計関連四会((社)日本建築士事務所協会連合会、(社)日本建築士会連合会、(社)日本建築家協会、(社)建築業協会)では、「重要事項説明内容等検討会」を設置し、重要事項説明の説明内容、標準的な書式、Q&Aについて検討を行い、四会推奨の重要事項説明書の標準様式をまとめ、あわせて重要事項説明についての解説書を発行しました。

なお、重要事項説明説明書の四会推奨書式はこちらでダウンロードできます。

・体裁:A4判  80ページ.
・頒価価格 1,300円(税込、送料別)
*JIA会員の方はJIA事務局で購入戴くと1割引(送料別)
・頒布窓口
(社)日本建築士事務所協会連合会および各都道府県事務所協会
(社)日本建築士会連合会および各都道府県建築士会
(社)日本建築家協会本部および各支部事務局
・発行日:平成20年11月20日(木)
*11/18に入荷しました


juuyoujikou1.jpg

目次および特に重要と思われる事項を<続き>に記載します。

特に重要と思われることを下の方に記載します。詳細は解説書をよくお読み下さい。

第1章 重要事項説明とは
1.1 制度創設の経緯
1.2 重要事項説明の概要
1.3 重要事項説明と書面の交付(法24条の8)との関連について

第2章 制度の運用に関して
2.1 対象となる業務契約
2.2 説明の時期
2.3 重要事項説明の時期と契約後の書面の交付時期
2.4 説明の相手方
2.5 説明する建築士
2.6 書面を交付して説明
2.7 免許書を提示して説明
2.8 罰則等について

第3章 重要事項説明書の記載方法
3.1 (四会推奨)重要事項説明様式について
3.2 重要事項説明書の記載事例
3.3 記載に関する一般的留意事項
3.4 記載項目の逐条解説
第4章 Q&A
4.1 制度および運用に関するQ&A
4.2 記載方法に関するQ&A
資料
○四会推奨「重要事項説明」様式
○重要事項説明、書面交付にかかわる建築士法、建築士法施行規則 新旧対照文

説明の時期について
法律上は、契約前にすることが求められ、契約とは口頭の契約も含んでいます。
依頼者が「お願いします」、建築家が「お請けします」という時点で契約は成立しており、
つまり、契約の詳細は別途協議の上、今後、書面で取り交わすが、
お互いに契約の履行責任(業務を定められたとおり行うという建築家の債務と報酬請求権という債権)が生じる前に、重要事項説明を行うことが求められています。

また、法24条の8(制定時は24条の5、平成19年6月20日以降24条の6)の書面交付とこの重要事項は別ですので、契約の前後で書面交付は必要であることも注意が必要です。

3.3 記載に関する一般的留意事項
本法律の主旨は、依頼者に対して、契約するか否かの判断材料を事前に情報提供することです。重要事項説明の段階では、未定の項目(例えば、報酬の額)も、未定や後日決定といったような記載方法は不適切であるとされています。
解説書の記載事例や逐条解説には、法の趣旨を満たしながらも、あとからトラブルが生じないような書面の作成方法や説明方法の例が示されています。是非ご活用下さい。

スポンサーサイト

2008年11月18日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。