イベントの報告 日本建築家協会(JIA)近畿支部のブログ

イベントの報告のカテゴリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

「龍馬がゆくまち並み」写真コンテスト結果発表&作品展開催!

「龍馬がゆくまち並み」写真コンテスト結果発表

去る、11月20日(土)に高知県立坂本龍馬記念館にて本コンテストの審査会を開催し全国よりご応募のあった全34作品の審査を行いました。

続きを読む

スポンサーサイト

2010年12月03日 トラックバック(-) コメント(-)

アンコールワット遺跡とホーチミン

会員の有志の方々22人ツアーを組んで
2月に世界遺産のアンコールワット遺跡やホーチミン・ハノイなどを旅行されました。

写真をいただきましたので下記にUPします。

家クラブ旅行10 114

家クラブ旅行10 075
家クラブ旅行10 126
家クラブ旅行10 130





2010年02月16日 トラックバック(-) コメント(-)

浜甲子園さくら街建替え1期・公開見学会を開催しました

浜甲子園さくら街建替え1期・公開見学会を開催しました

P7250025.jpg
P7250023.jpg
P7250019.jpg
P7250016.jpg


当時の日本住宅公団により昭和37年から39年にかけて建設された、浜甲子園団地は敷地面積31万㎡、150棟、4,613戸の住宅に約1万人が暮らす関西でも有数の大規模団地。
老朽化や設備等の陳腐化で平成7年度から建替再生が検討され、「調和と変化のある美しい街なみ」を景観コンセプトに1期着手地区が2006-2008年に完成。プロポーザルコンペでマスター・アーキテクト方式を採用し、戻り住民とのワークショップなども積み重ねながら、地域の公共的資産としての価値を継続した新しい集住の形態を実現して、2006 年度関西まちづくり賞、第3回地域住宅計画奨励賞、JIA優秀建築選2008、を受賞するなど高い評価を得ています。

マスター・アーキテクト(MA)として全体のデザインに関わるともに、ブロックアーキテクト(BA)として、約1/3の建築の設計監理にも関わられた江川直樹氏を案内役に見学会を行いました。

◇浜甲子園さくら街建替1期  概要
・事業主体:独立行政法人 都市再生機構 西日本支社 建物用途:集合住宅(UR都市機構、賃貸住宅)
・設計者
(独) 都市再生機構西日本支社技術監理部市街地設計チーム
現代計画研究所・大阪(MA::江川直樹)(BA)、昭和設計 (BA)、UR サポート(BA)  :<その1>
現代計画研究所・大阪(MA:江川直樹)(基本設計、実施BA)、高橋上田設計事務所(実施BA)、
シーザー・ペリ アンド アソシエーション ジャパン(実施BA)、コーナン建設株式会社(性能発注BA):<その2>
・敷地面積:43,921.79 ㎡ ・建築面積:14,233.75 ㎡ ・延べ床面積:63,819.86 ㎡
・戸数877戸( その1=682戸・2006年、その2=205戸・2008年) ・構造、階数:RC造、地上6-14階建

2009年07月25日 トラックバック(-) コメント(-)

住宅部会世話人会 と 部会hp開設

2009年4月1日に住宅部会の世話人会が開催されました。
なお、丁度、住宅部会のhpもオープンしました。
ホームページは、部会の活動紹介の他、会員の経歴や作品も紹介しています。

http://www.jia-kinki.org/jyutaku/

sewanin090401.jpg
住宅部会は住宅の設計に興味を持っている建築家の自主運営組織で
役員ではなく、自ら汗をかいて行動するという意味を込めて世話人制度をとっています。
2人の世話人が例会の企画運営をしますので、12ヶ月で総勢世話人は24人。
その他に、会計や運営をする代表・副代表が5人。
丁度新旧入れ替わりの時期ですので、30人以上の方が集まりました。

2009年04月07日 トラックバック(-) コメント(-)

「ES house-01」 見学会

住宅部会通信より

・日時:5月17日16時~17時
・場所:奈良県磯城郡
・参加人数:15人

上記日時場所にて2008年度住宅部会5月例会として「ES house-01」 (ATRIE-ASH/矢田朝士設計)の見学会を実施しました。
・日本建築家協会優秀建築選2006入選 ・第19回JIA新人賞(2007年) ・第1回JIA 近畿支部「建築家新人賞」(2005) ・第53回大阪建築コンクール(2007) を受賞された作品です。

近鉄樫原線の駅より15分くらい歩くと田園風景の中に、コンクリートの壁が見えてきました。
コンクリートのシェルターの中に生活に必要な個室が内包され、その間のスペースに風の通り抜ける不思議な半屋外空間が存在します。まるで、昔ながらの町家の生活を凝縮したような空間でした。寒い時期には自然と真ん中にあるストーブに集まってくるそうです。アプローチから個室に至るまで、どうしたらこのような面白い発想が出来るのか考えさせられるES house-01でした。
見学会の後、懇親会が開かれ、講師の矢田氏と合同見学会の建築士会のメンバーも加わって頂き総勢10名で22時頃まで楽しく懇談しました。
(坂井信夫)



写真は新人賞受賞時の写真より( 写真撮影:絹巻 豊氏)

yata1.jpg



yata2.jpg

2008年06月10日 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。